布施剛臣建築設計事務所布施剛臣建築設計事務所

2021.07.15

日本的エココミュニティ

2050年カーボンニュートラル実現に向けた連続セミナーがあり、本日の第2回目は2016年に「里山長屋」でJIA環境建築賞を受賞されたビオフォルム環境デザイン室の山田貴宏氏の話を聞く機会をいただきました。

エコロジー(生態系)と農業・建築・生活のあらゆる要素を統合した「Permaculture」というデザイン思考と方法論が、各プロジェクトの実例紹介においてしっかりと反映されていて、その内容を具体的に理解することができました。

環境建築賞を受賞された「里山長屋」は、日本のパーマカルチャー的な風景としての「里山」と昔ながらのご近所つきあいを象徴する「長屋」をイメージしたつくりが組み合わされたコーポラティブ形式によるコレクティブハウスです。
環境とコミュニティという現代の大きな二つの課題に対して、山田氏独自の環境建築における方法論によって様々な角度から住環境としての解決を目指されていました。

環境建築に関するアプローチの仕方や方法についてさらに理解を深められた良い時間となりました。

2021.07.09

「トップページ」の更新

気が付けば2021年もあっという間に半分が過ぎました。
今年も様々な方々とのご縁やご支援の中で、「南舘の住宅」・「小白川町の住宅(外構)」・「中郷の住宅(リノベーション)」を無事に竣工することができました。各建物の設計を通して沢山の貴重な経験をさせてもらいました。

今年は事務所開設四年目という新たなステージを迎えるなか、新たに竣工した建物を加え、トップページの一部を更新しました。

「雪国における暖かく開放的でのびのびと暮らせる建物」の実現に向け、今年も残り半分より一層設計活動に励んでいきたいと考えています。

2021.07.08

経済性と断熱性能の指標

新住協賛助会員の旭化成建材さんの主催によるWEBセミナー「ネオマアカデミー」の第二回目が本日開催されました。

今回のセミナーは、太田先生による「作り手も住まい手も快適にする、住宅性能とその知識」と題して、経済性を考慮した上で高性能な暖かい家の目指すべき指標・性能値について解説をしてもらいました。

非暖房室での温度が概ね13℃を下回らない「HEAT20 G2」レベルを一つの指標とし、各分野でかかる世帯出費をまとめたグラフを見比べながら費用対効果を踏まえて目指すべき性能値を説明いただきました。

山形において「HEAT20 G2」レベルのUA値は0.34となりますが、第一回のセミナーであった暖房負荷の軽減や予算も考慮に入れながら、当事務所としてのさらなる上位の指標をまとめていきたいと考えています。

2021.06.18

小白川町の住宅・「Works」更新

昨年の12月に竣工した小白川町の住宅を「Works」に追加更新しました。

本計画は既存の敷地の高低差を活用し、南側道路に面する1段目の前庭・駐車ゾーンと、1.2m高い地盤面に立つ2段目の平屋建ゾーン、吹抜や寝室・オープンスペースなどの2階フロアがある3段目の2階建ゾーンが順番に続く段々状の断面構成が特徴の建物です。

この立体的な段々状の構成と南面に鎮座する千歳山・北面にある盃山を望む恵まれた景観が組み合わさり、いろいろな視点の変化や内外のつながりが魅力的な住宅となりました。

2021.06.17

南東北の高断熱住宅

雑誌「南東北の高断熱住宅 第4号」に昨年の12月に竣工した「小白川の住宅」が紹介されています。

省エネルギーで断熱性の高いQ1.0住宅の性能基準を満たしながら、「小白川の住宅」で取り組んだ軒の深いテラスと室内が緩やかに繋がった雪国ならではの快適で豊かな暮らしのデザインについて記事を取り上げていただいています。

本日6月17日より山形県・宮城県・福島県の3県の書店のほか、ネットでもお買い求めいただけます。ぜひご覧ください。

2021.06.10

チルアウト

月山・湯殿山とともに出羽三山の一つで山伏の修験場として広く知られている「羽黒山」を所属する団体の方々と一緒に登拝しました。

一の坂、二の坂、三の坂と続く全部で二四四六段の急な石段をひたすら無心で登りながら、頂上にある蜂子皇子を祀る蜂子社を目指しました。

普段の日常から時間的にも空間的にも「距離」を置くことで、日々設計業務に向き合って高揚した心身を一度リセットさせる良い機会となり、また明日からの設計に対する活力が湧いてきました。

2021.06.08

暖房負荷から外皮を考える

新住協賛助会員の旭化成建材()さんの主催によるWEBセミナー「ネオマアカデミー」が本日開催されました。

ネオマアカデミーは「ほんとうにあたたかい住まい」を普及させることを目的とし、第一線の有識者、既に実践されている工務店、あたたかい家に住まわれている生活者などの多面的な視点で情報を発信し、その情報を会員で共有する取り組みです。

第一回目となる今回のセミナーは、鎌田先生による「暖房負荷から考える外皮設計の作法」と題して、一人歩きするUA値競争に警鐘を鳴らし、本当に高性能な暖かい家を設計する際の視点(暖房負荷、日射熱取得、部位別の断熱強化の効果等)について解説してもらいました。

「ほんとうにあたたかい住まい」のさらなる向上を目指し、暖房エネルギーを減らすという観点から以下の3つの事項について今後もしっかりと取り組んでいきたいと考えています。
1.断熱材を厚く施工してQ値を小さくする
2.換気の熱回収をする
3.日射熱を増やす(日当たりの良い南面の窓を大きくする)

2021.05.12

コンバージョン

現在山形市内で運営されている障がい児通所支援施設を、別の建物に新たに移転する「コンバーション」に関する設計監理契約を本日法人さんと取り交わさせて頂きました。

本業務の大きなテーマは、用途が違う既存建物を障がい児通所支援施設として生まれ変わらせること・年数の経つ既存建物に対する現行法の遡及の有無を整理しながら確認申請に適合させること・国から決定を頂いている施設整備交付金事業に対応すること、の3つとなります。

これまで培ってきた経験をフル活用して一つ一つの課題をクリアしながら、来春の施設のリニューアルオープンに向けて業務に取り組んでいきたいと思います。